心理学専門のプロ家庭教師 ◎社会人入試◎臨床心理士指定大学院◎臨床心理士資格試験◎受験・面接コーチング @東京 埼玉

心理学を勉強したい方、心をケアしながら学習したい方、受験に自信を持ちたい方、えむ心理研究室の「臨床心理士の資格を持ったプロ家庭教師」をご活用ください!
東京・埼玉にお住まいなら、現役の臨床心理士が出張(カフェ等)やご自宅訪問による指導・面接をいたします。インターネット(スカイプ)での面談ももちろん可能!
プロ家庭教師歴は10年! 心理臨床経験豊富! 難解な受験科目もわかりやすく、優しく丁寧に指導いたします。

【出張・訪問地域】
 東京:練馬 板橋 池袋 新宿 渋谷 早稲田 中野 武蔵野 小金井 三鷹  埼玉:和光 新座 朝霞 志木 川口 川越 さいたま
<< 臨床心理士指定大学院入試の「専門科目」の勉強方法とオススメの参考書を教えて!|勉強方法Q&A|心理学専門の家庭教師 東京 埼玉 | main | えむ心理研究室 心理学専門の家庭教師 メニュー  >>
臨床心理士指定大学院入試の「研究計画書」の書き方とオススメ参考書|心理学専門の家庭教師 えむ心理研究室

【臨床心理士指定大学院入試「研究計画書」について】

Q.
臨床心理士指定大学院を受験しようとしています。
「研究計画書」を提出しなければなりません。
でも今まで研究計画書というものを書いたことがありません。

臨床心理士指定大学院の受験時に提出する「研究計画書」は、どのように書けば良いのでしょうか。

 

A.

臨床心理士指定大学院入試のために提出する研究計画書は、

レポート・論文のサンプルを参考にして書きましょう。


「レポート・論文のサンプル」は、
心理学 実験・研究レポートの書き方
という本に載っているサンプルがオススメです。




この本は、大学の心理学科の専門科目である心理学実験の授業で使われる教科書です。
心理学のレポートや論文を書く際に必要なことが一通り書いてあります。

臨床心理士指定大学院用の研究計画書の書き方の参考書もありますが、
ぜひ先にこちらの本を読んでいただきたいと思います。

この本を読むと、
「心理学の調査や研究はどのように進めていき、どのように論文にまとめられるのか」
がわかります。

まずはこの本をよ〜〜〜く読んで、
心理学の調査・研究のイメージをつかんでください。



続いて、
臨床心理士指定大学院の研究計画書に悩む人の特徴について少し触れ、
大学院入試に研究計画書が必要な理由をご説明し、
最後に研究計画書の実際の書き方について記載します。

研究計画書対策にしていただければ幸いです。



 

臨床心理士指定大学院の研究計画書に悩む人の特徴


研究計画書をどう書けばよいか悩んでいる方の多くは、
他学科からの受験生さんだと思います。


学部のときに心理学実験に参加していたり、
心理学系の卒業論文を書いたりしたことがある人は
研究計画書の書き方がおぼろげにわかっているのだと思います。

「実験のときのレポートみたいに書けばいいんだな」とか
「卒論を元に書けば良さそうだな」など、
心理学のレポートや論文に触れたことがあると、
研究計画書のイメージがわきやすいのです。


でも、
他学科出身で心理学研究になじみがないからといってあきらめないでください!

地道に勉強していけば、
学部出身の人に負けない「心理学研究法のベテラン」になれるでしょう。


 

なぜ大学院入試に「研究計画書」が必要か?


大学院の博士課程前期を修了するためには、
「修士論文」が必須です。

M1の後期くらいから
各ゼミにおいて修士論文の土台作りに入っていきます。

修士論文の骨子作りの際、
最初は大学院入試のときに提出した研究計画書を元に進めていきます。

つまり、
研究計画書は
「修士論文を書くための基礎が出来ているかどうか」
を審査するための書類なのです。


「修士論文を書くための基礎」とは、次のような要素があります。
  • 先行研究となる書籍や論文を読むことができるか
  • 書籍や論文から正しく引用できているか
  • 論文を書く際のフォーマット(序論・仮説・手続き・結果・考察など)を理解しているか


臨床心理士指定大学院入試の面接試験において、
面接官から研究計画書を元に質問されるのも
「修士論文を書くための基礎が出来ているか」を確認するためです。

修士論文の執筆を視野に入れて、
研究計画書を書くようにしましょう。


 

臨床心理士指定大学院 研究計画書の書き方


研究計画書を書く際の実際の流れは、以下の通りです。
 
  1. 研究計画書の見本を手に入れる
  2. テーマを決める
  3. テーマに沿った書籍や論文を読む
  4. 研究手続きを考える
  5. 引用方法に気をつけ、実際に書き始める

それぞれについて詳しく説明いたします。


1.研究計画書の見本を手に入れる

まずは、サンプルとなるレポートや論文、また研究計画書の見本が載っている書籍をゲットしましょう。

先に記載した『心理学 実験・研究レポートの書き方』や、
臨床心理士指定大学院用の参考書を利用していきましょう。

例えば、こちらの参考書はなかなか良かったです。オススメです。


志望校の研究計画書の文字数を把握して、
具体的に自分の書く研究計画書をイメージしてください。



2.研究テーマを決める

研究計画書をイメージ出来てきたら、テーマを決めましょう。

あなたが一番研究したいテーマは何ですか。

大学院で2年間、
関連書籍や論文を読みこなし
時には英語の論文も調べ
ゼミの先生からの厳しい言葉にも耐え
頭の中がそのテーマでいっぱいになっても大丈夫!
・・・というような研究テーマを選んでください。

おどかすつもりはありません。

でも、修士論文の執筆は結構大変です。

心理臨床現場での実習へ行き
心理査定を自分で取れるようにし
外来の方の心理療法にも携わりながら
修士論文に取り組む必要があります。

他の授業や実習をこなしながら
修士論文のための質問紙を作ったり文献を読んだりしていくのは
思ったよりも大変だった、という方がほとんどです。

楽しく、モチベーションを維持して取り組める研究テーマを選びましょう。



3.テーマに沿った書籍や論文を読む

研究テーマが決まったら、
そのテーマについて書いてある書籍や論文を読みましょう。

手に入れづらい論文をいくつもゲットしなくても大丈夫です。
書籍メインでも良いと思います。

あなたの研究テーマについて、
これまでにどんな研究がされているのか、
書かれている本を見つけてください。

今までにされた研究は「先行研究」といいます。

先行研究を元に、
あなたがどのような研究をしていくのか。

研究は、オリジナリティだけでは成立しません。
科学的でなければなりません。

そのために、先行研究をしっかり調べて
先人の作ってくれた科学の潮流に乗った研究をしてください。



4.研究手続きを考える

研究手続きとは、「研究をだれとどこでどうやってしていくか」、研究のプロセスです。

例えば、100人の面接調査を必要とする研究は、
修士論文として妥当でしょうか。

どこで調査するの?
誰に調査するの?
2年間で調査を終えられるの?

と、面接試験で突っ込んだ質問をされるでしょう。

面接での質問に合理的に現実味のあるこたえが出来るような研究計画にしましょう。

大学院に入った後に、実際に調査をしていくのは自分です。

調査フィールドを探すのも、
調査協力者にお願いするのも、
すべてあなた自身です。
大学院は用意してくれません。

実際に調査を行うことができる研究計画を立てていきましょう。



5.引用方法に気をつけ、実際に書き始める

研究計画書を実際に書き始めるとき、
もっとも気をつけてほしいのは「引用」です。

盗作や剽窃は、
学術論文において決してしてはいけない行為です。

盗作や剽窃に関していくつか事件があったのでご存知の方も多いと思いますが
盗作や剽窃がわかった時点でその人の専門家・学者としての地位や信頼はゼロになります。

「知らなかったから」では済みません。

研究計画書の段階で、すでに盗作や剽窃をしそうかそうでないか、わかります。
大学院のフォーマットにのっとった引用方法で記載してください。


*****


参考書籍、研究テーマ、研究方法、引用方法、研究計画書の書き方など
臨床心理士指定大学院入試の研究計画書関連でお悩みの方、
あなたが納得いくまで丁寧にご指導致します。いっしょにがんばりましょう。
→ えむ心理研究室 メールフォーム


 


ご覧いただきありがとうございます。
家庭教師の授業や臨床心理士のカウンセリングをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
 → えむ心理研究室 メールフォーム

***************************************** ******
東京 埼玉 えむ心理研究室   

  心理学専門の家庭教師  家庭教師カウンセラー  基礎学力UP専門家庭教師
  社会人専門の家庭教師  メンタル強化コーチング  社会人コンサルティング


 オンライン(スカイプ)orご自宅訪問orカフェ・・・お好みの方法で学習支援&心理カウンセリング
HP:http://online.m-free-project.com
メール:gt37fsi@yahoo.co.jp

【プロ家庭教師のわかりやすい授業・臨床心理士の和やかなカウンセリング・メンタルコーチング】

大学(心理学部・心理学科)受験対策 ★社会人入試(大学・大学院)合格対策
臨床心理士指定大学院受験対策 ★臨床心理士資格認定試験合格対策
不登校支援  ★学校復帰支援 ★教室復帰支援 ★社会復帰支援 ★ひきこもり支援
通信制高校の学習サポート ★通信制大学の学習サポート ★海外留学生支援
★高校受験対策 ★高認合格対策 ★大学受験対策 ★小論文対策 ★受験面接対策 
★基礎学力アップ ★学校の補習 ★時事問題の理解度アップ 
★国語力アップ ★英語力アップ ★数学がわかるようになる学習支援

【臨床心理学・精神分析学ベースの分析コーチング】
★難関校受験に勝つ!児童期思春期の方のための分析コーチング
★卒論(卒業論文)執筆コーチング ★修論(修士論文)執筆コーチング
★企画書作成コーチング ★レポート作成コーチング ★ビジネススキルUPコーチング
★メンタル強化コーチング ★スポーツ選手専門メンタル強化コーチング

【家庭教師×カウンセラーの出張訪問地域】
板橋区 練馬区 豊島区 北区 杉並区 新宿区 渋谷区 中野区
三鷹市 武蔵野市 西東京市 小金井市
さいたま市(南区・浦和区) 新座市 川口市 朝霞市 和光市 川越市

落ち着いた雰囲気で面談可能なカフェの最寄駅:
池袋 小竹向原 氷川台 上板橋 練馬 朝霞 成増 目白 練馬春日町

【えむ心理研究室 サービス一覧】
★不登校支援!関東圏外の方支援!「インターネット家庭教師×心理カウンセリング」
★東京・埼玉の皆様へ「 楽しくてわかりやすい家庭教師」&「専門的な訪問カウンセリング」
★自分で決めた道に自信が持てる!親子関係家族関係専門「カフェ・カウンセリング」
★対人恐怖症・外出恐怖症・不安障害 外出困難な方専門の訪問支援「訪問心理療法・スカイプカウンセリング 」
★論文、企画書、大学生活、仕事生活をサポート!「大学生・社会人・専門職のためのコーチング」
***************************************** ******
| えむ心理研究室 プロ家庭教師×臨床心理士 えむ | 勉強方法Q&A | 02:25 | comments(0) | - |