心理学専門のプロ家庭教師 ◎社会人入試◎臨床心理士指定大学院◎臨床心理士資格試験◎受験・面接コーチング @東京 埼玉

心理学を勉強したい方、心をケアしながら学習したい方、受験に自信を持ちたい方、えむ心理研究室の「臨床心理士の資格を持ったプロ家庭教師」をご活用ください!
東京・埼玉にお住まいなら、現役の臨床心理士が出張(カフェ等)やご自宅訪問による指導・面接をいたします。インターネット(スカイプ)での面談ももちろん可能!
プロ家庭教師歴は10年! 心理臨床経験豊富! 難解な受験科目もわかりやすく、優しく丁寧に指導いたします。

【出張・訪問地域】
 東京:練馬 板橋 池袋 新宿 渋谷 早稲田 中野 武蔵野 小金井 三鷹  埼玉:和光 新座 朝霞 志木 川口 川越 さいたま
<< 大学・大学院の社会人入試合格を目指す方の家庭教師とカウンセリング | main | 発達障害グレーゾーンで中学受験に合格した方の療育的カウンセリングと家庭教師|現役臨床心理士の家庭教師 事例(モデルケース) >>
不登校から高認を取得して大学(心理学科)に合格した方のカウンセリングと家庭教師の授業|現役臨床心理士の家庭教師 事例(モデルケース)
不登校から高認を取得し大学生活を送る方の家庭教師とカウンセリングの事例です。

次のような方の参考になると思います。
 
  • 高校で不登校になった
  • 不登校になった前後から頭痛・腹痛・疲労感など心身がつらい
  • 親の期待に過度にこたえようとしていると感じている
  • 自分自身を知るために心理学を学びたい
  • 不登校やひきこもりの心理について大学で学びたい
  • 高認を取得することは決めたものの、進路に悩んでいる
  • 不登校生活が長かったので大学に行って適応できるか不安

少年野球

 
A男君は、都立高校に入学後、学校を休みがちな日が続き、2年生の5月に不登校状態となりました。
 

活発だった中学時代

中学時代は野球部に所属しピッチャーとして活躍、学級委員もつとめたことがあるA男君。
周囲からは「元気で頼りがいがある」と思われていました。
英語が得意で、ボランティアにも興味があったので、将来は海外で通訳をしながら恵まれない子どもたちの役に立つような仕事をしたいと考えていました。
 

高校で、急に心身の疲れが・・・

A男君が進学したのは都立の中堅校。
高校に入ってからは、毎日心身の疲れを感じました。
体調が良くないのかと思って医者にかかりましたが何も悪いところはありません。
心因性だろうと言われましたが、「元気がとりえの自分が?!」と、当時は信じることができませんでした。

部活も野球部に入りましたが、もちろんエースピッチャーは先輩、別の中学でエースだった子が控えに入りました。
3年ぶりの球拾いや先輩の世話をする生活に、「自分は、かやの外と感じた」とA男君は言います。

あまりに心身の疲労がつらいので、野球部を休部。
勉強も急に難しくなった気がして、定期テストの成績も思うように取れません。
数学や社会科科目は下位に落ち、得意だった英語でも平均点にギリギリ届く程度になってしまいました。
 

しょんぼりと、不登校+ひきこもり生活

1年生の間は、週1ペースで休みながらも通学していたものの、高校2年のGW明けからA男君は学校を連続して休み始めました。
「もう、本当に疲れた・・・」そう思って、A男君は部屋に引きこもりました。
毎日、ただベッドでごろごろする生活。
もちろん、罪悪感や焦りのような感情はあるものの、再び起き上がるには気持ちがついてきません。
ご両親は息子の変貌を心配し、訪問カウンセラーとしてえむ心理研究室に依頼がありました。
 

カウンセリングを開始し、ゆっくりと心を整える

A男君とは、最初は自室のドア越しにお話しました。
しょんぼりして自信を失っている様子が、ドアの向こうから感じられました。
「元気が出なくて、自信もなくて・・・ちゃんとお会いして話せなくてすみません」
「会うのは気が向いたらでいいですよ。毎週、来るからね」と声をかけていると、次第にホッとしたような声で、A男君は数回の訪問でお部屋から出てきてくれました。

リビングでお話しながら、A男君は涙を流しました。
「これからどうしたらいいのかわからない・・・」
適度に自信があって、元気だった自分を見失い、どのように過ごしていけばいいのか不安で仕方がないようでした。
じっくりお話を聴き、カウンセリングを続けていくうちに、「元気で活発な自分」「エースでかっこいい自分」「将来がキラキラしている自分」をキープしようとがんばっていたことがわかりました。

抑うつ感がつらいようだったので、メンタルクリニックへも受診しました。
抗うつ剤と抗不安薬を服用しながら、カウンセリングを並行して続けていきました。
 

「両親の期待にも過度にこたえようとしていたかもしれない」

A男君はひとりっ子で、お父さんも中高大学と野球を続けていました。
両親の期待を感じていたことを、A男君はお父さんお母さんに伝えました。
家族カウンセリング的な空間の中で、A男君とご両親は穏やかに本音を語り合いました。
体調も気持ちも、だいぶ落ち着いてきたA男君は、これからの自分について考え始めました。
「高校戻るのは恥ずかしいしつらい。とりあえず高認だけは取ろうと思う」と目標が定まりました。
 

新たな目標に向けて高認取得を目指す

それからは、カウンセリングだけでなく、学習支援も開始しました。
高校は退学し、高校2年の終わりから1年弱で高認を目指すことに。
高認のA男君は語学が得意だったので国語・英語は楽勝ムードでした。
数学や社会科科目は苦手でしたが、あまりがんばりすぎてまた身体がつらくなったり気持ちが落ち込んだりするのは避けたい、とのことでした。
お父さんお母さんとも相談して、「ゆっくりでいいから元気でいこう」ということになり、苦手科目は翌年に持ち越しました。
得意科目は自力で勉強してさらに大学受験を視野に入れた難しい問題にもチャレンジし、苦手科目は教科書メインでいっしょに勉強していきました。
 

「大学に行くなら心理学科」

「自分の感情や思考をもっと上手にコントロールしたい」「心因性であんなにも体調が悪くなるなんて、ある意味面白い。心について本気で調べたい」と、A男君は言い、心理学科を受験することになりました。
この頃には、だいぶA男君は「本当の自分らしい」落ち着きを見せました。
大学の受験勉強も、「無理はしない」「つらくなったら休む」「でも受験はできるだけ一発で受かるようにがんばる」と、学習支援とカウンセリングの中で適度な目標を設定していきました。
 

入学後、初のアルバイトにチャレンジ

大学入学直後は久しぶりの学校生活に慣れるのが大変そうでした。
「また高校のときのように疲れが出てしまうんじゃないか」と心配もしていましたが、カウンセリングで「高校のときとは違う、今はきちんと自分の心を見つめられているから」と心を整理できました。

大学1年の夏休みにはアルバイトにもチャレンジしました。
まだ大勢の人と接するアルバイトは不安がありましたが、1日3〜4時間、週2日と無理のないペースで、あまり人と接することの少ないアルバイトをやり遂げました。
 

大学生活で自分らしいコミュニケーションを模索中

大学2年になり、少しずつ友だちもでき始めました。
「不登校のときのことを思い切って打ち明けたら、『オレなんて中学から不登校だったよ』と言われてびっくりしました」
とA男君は笑顔で言いました。

「野球は嫌いじゃない。体力もつけなきゃ」と言って、たまにお父さんとキャッチボールをしています。
A男君は自分自身を受け容れ、迷いながらも自己開示しつつ、大学生活を楽しみながら自分らしいコミュニケーションを模索しています。

 


ご覧いただきありがとうございます。
家庭教師の授業や臨床心理士のカウンセリングをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
 → えむ心理研究室 メールフォーム

***************************************** ******
東京 埼玉 えむ心理研究室   

  心理学専門の家庭教師  家庭教師カウンセラー  基礎学力UP専門家庭教師
  社会人専門の家庭教師  メンタル強化コーチング  社会人コンサルティング


 オンライン(スカイプ)orご自宅訪問orカフェ・・・お好みの方法で学習支援&心理カウンセリング
HP:http://online.m-free-project.com
メール:gt37fsi@yahoo.co.jp

【プロ家庭教師のわかりやすい授業・臨床心理士の和やかなカウンセリング・メンタルコーチング】

大学(心理学部・心理学科)受験対策 ★社会人入試(大学・大学院)合格対策
臨床心理士指定大学院受験対策 ★臨床心理士資格認定試験合格対策
不登校支援  ★学校復帰支援 ★教室復帰支援 ★社会復帰支援 ★ひきこもり支援
通信制高校の学習サポート ★通信制大学の学習サポート ★海外留学生支援
★高校受験対策 ★高認合格対策 ★大学受験対策 ★小論文対策 ★受験面接対策 
★基礎学力アップ ★学校の補習 ★時事問題の理解度アップ 
★国語力アップ ★英語力アップ ★数学がわかるようになる学習支援

【臨床心理学・精神分析学ベースの分析コーチング】
★難関校受験に勝つ!児童期思春期の方のための分析コーチング
★卒論(卒業論文)執筆コーチング ★修論(修士論文)執筆コーチング
★企画書作成コーチング ★レポート作成コーチング ★ビジネススキルUPコーチング
★メンタル強化コーチング ★スポーツ選手専門メンタル強化コーチング

【家庭教師×カウンセラーの出張訪問地域】
板橋区 練馬区 豊島区 北区 杉並区 新宿区 渋谷区 中野区
三鷹市 武蔵野市 西東京市 小金井市
さいたま市(南区・浦和区) 新座市 川口市 朝霞市 和光市 川越市

落ち着いた雰囲気で面談可能なカフェの最寄駅:
池袋 小竹向原 氷川台 上板橋 練馬 朝霞 成増 目白 練馬春日町

【えむ心理研究室 サービス一覧】
★不登校支援!関東圏外の方支援!「インターネット家庭教師×心理カウンセリング」
★東京・埼玉の皆様へ「 楽しくてわかりやすい家庭教師」&「専門的な訪問カウンセリング」
★自分で決めた道に自信が持てる!親子関係家族関係専門「カフェ・カウンセリング」
★対人恐怖症・外出恐怖症・不安障害 外出困難な方専門の訪問支援「訪問心理療法・スカイプカウンセリング 」
★論文、企画書、大学生活、仕事生活をサポート!「大学生・社会人・専門職のためのコーチング」
***************************************** ******
| えむ心理研究室 プロ家庭教師×臨床心理士 えむ | 事例(モデルケース) | 23:58 | comments(0) | - |